心理カウンセラー資格の情報サイト

心理カウンセラー資格の情報サイト

ストレスや苦悩が多い現代において、心のコントロールは非常に重要な課題といえます。当サイトでは、ストレス管理に役立つメンタル心理ヘルスに関する役立つ情報と、おすすめの資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。ストレス管理がうまくなるメンタル心理資格

MENU

メンタルヘルス心理を学び、上手にストレスに対処しよう

メンタル心理資格でカウンセリングできる?
ストレス社会で生活している現代人の多くは、心の病やストレス、プレッシャーに常にさらされています。

そのため、メンタル心理やメンタルヘルスが注目されており、カウンセリングの知識や資格を取得することを目指している方は少なくありません。

学んだ知識は、心の悩みを抱えている方を助けることはもちろん、自分のメンタルをトレーニングし、強くすることもできます。ではメンタル心理について詳しくみてみましょう。

メンタルヘルス心理で心を強くしよう

メンタル心理の欠点と強みインターネットの普及に伴い、パソコンやスマートフォンはわたしたちの生活にはなくてはならないものとなりました。昼夜問わずいつでも、どこにいてもあらゆる人とつながることができるようになったテクノロジーの発展は、仕事の分野ではもちろん、日常生活の分野でも利便性や効率性をもたらしています。

しかし、仕事や生活の利便性を向上させる一方、わたしたちの心に疲れやストレスを生じさせる要因ともなっているのは事実です。人と常につながることができるという利便性の裏には、24時間常に仕事に追われることや、だれからも逃げ場がない状況を作り出します。

それは過重労働の問題の悪化にもつながっています。また、学校でのいじめ問題が増えているという社会問題もあります。このような情報化が進む現代社会で生きているわたしたちは、常に心の病やストレス、プレッシャーを受けています。そのような中、メンタルヘルスが注目され、その関心度は急激に高まっています。

すでに欧米諸国では当たり前のように受け入れられているものですが、ここ日本では、厚生労働省がメンタルヘルスに関するサポートサイトを設立し、社会問題まで発展したことで、多くの方が関心をもっています。

メンタルヘルス心理の専門的な知識をもつカウンセラーは、心の病の問題を改善することができるプロフェッショナルとして、相談者をサポートしています。

精神科医は、相談者に投薬をするなどの医療行為で心の病を治療しようとしますが、それとは対照的に、カウンセラーは相談者の話をじっくり聴き感情に寄り添い、心理療法を行うことで心に抱えている悩みやストレスを和らげることができます。

年々、心の病や疲れなどメンタル面でのストレスを抱えている方は増える一方です。そのため、今後ますますメンタルヘルス心理の知識をもつカウンセラーの需要が高まることが予想されます。

メンタル心理資格でなにができるようになる?

心理ケアに生かせる豆知識メンタル心理資格とは何でしょうか?メンタル心理資格にはいくつかの種類がありますが、現在のところ国家試験はなく、すべて民間の資格となっています。

その中でも日本メディカル心理セラピー協会が主催している「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と、日本インストラクター技術協会が主催している「メンタル心理インストラクター」資格は、受験資格が特になく、誰でも自由に受験することができるので、多くの方に人気となっています。

これらのメンタル心理資格には心理学の基礎的な知識をはじめとし、さまざまなストレスから生じる症状や症状別の治療方法、カウンセラーとしてのカウンセリング能力、カウンセリングに関わる倫理、インテーク面接、共感的理解移転、チーム医療、指示的カウンセリング、地域精神医療、ケースカンファレンスなどの専門的な知識やスキル、技術などが求められています。

資格取得後は、カウンセラーとして相談者をカウンセリングすることができます。しかし、カウンセラーと言ってもその種類はさまざまあります。

たとえば、メンタルクリニックに所属しているカウンセラー、企業カウンセラー、スクールカウンセラー、また、医療や福祉施設でソーシャルワーカーとして、公務員として少年鑑別所や裁判所、警察署などでカウンセラーとして活躍することもできます。

また、資格名にインストラクターとあるように、講師資格も兼ねていますので、講師として自宅やカルチャースクールなどでメンタル心理講座を開講することもできます。

心理学とメンタル心理の違いとは?

メンタル心理で人の相談を受ける時の注意心理学とメンタル心理の違いとは何なのでしょうか?心理学は、治療法が精神分析が中心で行われ、心が回復することを中心としています。つまり、心の動きと人間の行動を学ぶ学問です。

一方、メンタル心理は、心の健康管理法が中心で行われる治療法で、心と身体の不調を予防することが中心として行われます。つまり、メンタル心理は、心の疲れやストレスなどを軽減することができる実践方法と言えます。

メンタル心理には、心理的なストレスの影響でどのような症状が心と身体にあらわれるか、どうしてそのようなストレスが生じるのか原因を知ることができます。

それにより、心理的ストレスの症状にあった治療方法を受けることができます。薬物飼料や理学療法などの外部的な治療方法も考慮した上で、内面的なメンタル心理による療法を施していきます。

寂しさもメンタル心理で紛らわせられる?

メンタル心理を自分のストレスケアに生かすには?人は成長するにしたがって、付き合う人が変わってきます。それには親元から離れて独立し、さまざまな人と出会い、別れを繰り返していきます。人間は、いつも群れで行動する野生動物とは違います。

つまり、人間は一人でも生きていくことができる生き物です。しかし、寂しさに耐えることができない、という人も中にはいます。それは、自分に自信がなかったり、心に闇を抱えているなど、心に問題を抱えていると不安に感じるようです。

この不安を少しでも和らげようとすると、寂しいという気持ちが生まれ、誰かに会いたくなったり、気を紛らわそうとして別の行動を行い、気を紛らわすという行動にでる傾向があります。

こうすることで、人は精神的なバランスをとろうと意識的に行います。ですから、寂しさを感じる場合は、それに耐えることができるよう自分の心を変える必要があります

そこで、メンタル心理で心のバランスを整えることができます。メンタル心理で心をコントロールすることができれば、ネガティブな気持ちからポジティブな気持ちへと変換させることが可能です。

カウンセリングやヒアリングに生かせる!

心理カウンセラーとの違いは?メンタル心理は、資格を取得していればカウンセリングやヒアリングにも活かすことが可能です。メンタルヘルスの悩みは、さまざまな種類があります。

それには仕事や職場の人間関係、介護に対するストレス、学校でのいじめ問題、不登校、恋愛の悩みなど性別や年齢を問わず相談者は悩みを抱えています。

相談者が心の中にあるネガティブな気持ちや悩みを打ち明けることができるよう、話しやすい適切な環境で、じっくり耳を傾けてヒアリングすることがカウンセラーには求められています。

また、相談者のために話を聴く時間をたっぷり取り分けることも大切です。そうすることで相談者は、自分の悩みを打ち明けやすくなるでしょう。メンタル心理の知識があれば、だれでも相談者の悩みに応じることができます。

しかし、メンタル心理の知識を保有していることを第三者が証明する、メンタル心理資格を取得していることで、相談者はより信頼を置きやすくなります

ですから、メンタル心理の知識を活かしてカウンセリングやヒアリングを行いたい、と検討している方は、資格取得を目指すことをおすすめします。

メンタル心理資格取得にかかる費用

メンタル心理資格取得にかかるコスト日本メディカル心理セラピー協会が主催している「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と、日本インストラクター技術協会が主催している「メンタル心理インストラクター」の2つ資格には多くの共通点があります。

まず資格を取得するための受験費用は税込み10,000円という点を挙げることができます。インターネットを利用し、それぞれの資格を主催している協会の公式サイトから受験の申し込み手続きを行います。インターネット環境が整っていれば誰でも気軽に受験できます。

受験方法は、自宅での在宅受験を採用しています。試験は年に6回、2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に実施しているので、受験申込み期間に注意し、手続きを行いましょう。

受験のチャンスが多く開かれているのが魅力的ですが、資格を取得するためにはメンタル心理の専門的な知識やカウンセリング能力をしっかり学習する必要があります。

資格取得対策ができる書籍は販売されていないので、独学で学ぶことには限界がありますし、専門のスクールに通うとなると多額の費用と時間を必要とします。しかし、資格試験に対応している「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」のメンタル心理講座を受講すれば、効率よく学ぶことが可能です。

資格があればどこまで役立てられる?

メンタル心理の講座を開くには?では、メンタル心理資格を保有していると、資格をどこまで活かすことができるのでしょうか?カウンセラー資格は、今のところ国家資格はなく、民間の資格のみです。

資格を保有していないと、カウンセラーとして活躍できないというわけではありませんが、専門学校や通信講座などを利用してカウンセラー資格を取得すれば、信頼度をアップさせることができ、活躍の場を広げることができます。

カウンセラーと活躍する以外にも、講師として、また独自で開業することもできるようになります。たとえば、カウンセラーとして開業したい場合、メンタルに問題を抱えている相談者にカウンセリングを行うことができます。相談者の性別、年代は異なっており、それぞれ抱える悩みも異なります。

また、親子で相談に来るなどの複数カウンセリングもすることができます。また、実際に会ってカウンセリングをするだけでなく、メール相談や電話相談でのカウンセリングをすることもできます。

また、最近は学校でのいじめ問題や不登校が社会問題となっているため、小学校や中学校、高校などで行うカウンセラーも必要とされています。児童や生徒の心のケアをするカウンセラーとして、資格を活かすことができます。さらに、多くの企業においてもカウンセラーが求められています。

長時間労働やパワハラ問題、人間関係など、職場で働いている方の心のケアやストレス改善を目指してカウンセラーとして活躍できる道も資格があると開かれています

まとめ

うつ病の症状とその対策・対処法ストレス社会で生活しているわたしたちには、メンタル心理ケアが必要です。すでに多くの方が心のケアやストレスケアを受け、不安のない生活を送ることができています。

あなたもメンタル心理資格を取得し、そのような方のために役立ちたいと思いませんか?自分のストレスケアやメンタルをトレーニングすることもできるメンタル心理資格は、今注目されています。この機会に資格取得を検討してみるのはどうでしょうか?


pagetop